欧米人に比べて、日本人はなぜお酒が弱い?NEW

体内にある酵素の働きの違いからです。

アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドが作られます。
この物質が「顔が赤くなる」「頭痛がする」といった、悪さをします。アセトアルデヒドを失くすためには、アルデヒド脱水素酵素2型(ALDH2)という酵素が必要です。日本人は、生まれつきALDH2を持たない、もしくは働きが弱い人が、約4割いるというのです。ALDH2は遺伝によって親から子へ受け継がれますので、体質は簡単に変えられません。
欧米人はALDH2が兼ね備わっています。欧米人の飲む量と比較して、日本人はお酒が弱いといわれる理由は、ALDH2という酵素が関係します。

© General Incorporated Association of Japan Beer Culture Study