TOP > スペシャルコンテンツ > おすすめ!ビール鑑定 > おすすめビール一覧

おすすめ!ビール鑑定

おすすめビール一覧

IPA

IPAはIndia Pale Ale(インディアペールエール)の略で、 「アイピーエー」と読みます。大航海時代に防腐効果のあるホップを大量に入れたのが始まり。他のビールよりも格段に苦く、苦さのあとに強い爽快感を感じます。香りも強く、柑橘系の香りや、草を思わせる香りが現在の主流です。

スタウト

ビールの原料の“麦芽”を高温で焦がして使用します。色は漆黒であり、泡はクリーミーな滑らかさを持つ。麦芽、ホップの香味が強く重厚な味わい。コーヒーやチョコレートなどにも近い、香ばしい焦げ苦さが特長です。コーヒーの苦味が好きという人には、ぜひ試してみて欲しいビールです。

エール

日本の多くのビールと比べると、味も色も濃いと感じるはず。エールとは上面発酵酵母を使ったビールであり、日本のピルスナータイプである下面発酵酵母とは製法が異なる。しっかりとした苦味の奥にある、たっぷり使った麦芽のコクや甘みが特長。それでいて柑橘系の香りや草原の香りも漂います。ピルスナー以外のビールを飲んでみたいと思ったら、エールの中でも、まずはペール(淡いという意)エールはいかがでしょう。

アルト

ドイツ・デュッセルドルフで発展した、濃色(銅褐色)のビール。新しいスタイルの「下面発酵」タイプに対して、古い「上面発酵」タイプであることで名づけられました。まろやかな麦芽の甘みの中に、渋さと苦味が調和したスッキリとした味わいが特長です。色合いはやや濃いものが多いですが、見た目とは違いスムーズな口あたりで多くの方が気軽に楽しめます。

ピルスナー

日本の代表的なビールは、ほとんどがこのタイプ。鮮やかな黄金色で、ホップの苦味がきいていて、香りも味もシンプルですっきり。飽きのこないビールです。もとは、チェコのピルゼンで生まれましたが、世界中で最も普及しているビールとなりました。日本の料理との相性も良く、自宅で飲む缶ビールでも、外食先で飲む生ビールでも楽しみ方は多様です。

ベルギーホワイトビール(ベルジャンスタイルホワイト)

ベルギー発祥で、小麦を使用し、コリアンダーやオレンジピールなどを加えてつくった、うっすらと白いビール。酵母入りのものは濁りもあります。スパイスや柑橘系のフルーティさといった爽快な芳香を楽しめます。ビールの苦味よりも、ほどよい酸味、甘み、スパイシーさが口の中に広がる、口あたりもノドごしも爽やかなビールです。

ヴァイツェン(ヴァイスビア)

大麦麦芽の他に、小麦麦芽を原料の50%以上使ってつくるドイツ発祥のビール。酵母入りは白く濁っており、酵母を除去すると透明に澄んでいます。苦味がほとんどないので、ビールが苦手な人にもおすすめでき、これからビール好きになっていく人にもぴったり。バナナのようなフルーティーな香りがします。

フルーツビール

フルーツ(果実)を麦汁(ビールができる前の液体)に漬け込んだり、果汁を加えて造るビール。フルーツの香りがビール本来の香りと幾重にも重なりあったビールです。味は、加えたフルーツによってバラエティに富んでいます。リンゴ、桃、イチゴ、梨、フランボワーズなど。フルーツによる味の違いを楽しむのもフルーツビールの醍醐味です。

© General Incorporated Association of Japan Beer Culture Study