TOP > びあけんマスターズ > びあけんを受けようと思ったきっかけは?

びあけんマスターズ

びあけんを受けようと思ったきっかけは?

ハンドルネーム T.Nさま

書店でびあけんの公式テキストを見て、すぐに手に取り受験申し込みしました。とにかくビールと名の付く本があると開かずにはいられないので・・・(笑)。一読して、これはやらねば、と。メラメラと燃える何かがありました!!

ハンドルネーム IPAラバーさま

大学の卒業旅行でロンドンに行って以来、日本の普通のビールとは異なるエールビールのとりこになりました。これがビールの奥深さに目覚めたきっかけです。その後、奥さんがソムリエになりまして家庭内立場を少しでも均衡させようと思ったのが受検のきっかけです(笑)

ハンドルネーム ジャーマンポテトさま

醸造工程やビールのスタイルについて勉強したいと思いビールに関する本を読んでいたがなかなか覚えることができず、試験を受けることを目標にすれば覚えられると思った為。

ハンドルネーム ごくごくJapanさま

数年前に公認会計士という資格を取得したのですが、それ以来資格試験から遠のいていました。久しぶりに緊張感を味わったり、試験に向けてマジで勉強するという資格試験ならではの雰囲気を感じたかったことがきっかけの一つです。また、勤務先で「GOKUGOKU」という飲み会サークルの部長をしています。「月に1回若手を集めて、ある企画に基づいてお酒を飲む」という、くだらないサークルなのですが、飲み会サークルの部長だったら、ビール検定くらい持っていた方が話のネタになるかなと思ったこともきっかけです。こういう一見くだらないことに真剣に取り組むのが好きなんでしょうね、人間的に。

ハンドルネーム
歴史と伝統の酒塾フェダーヴァイザー 塾長さま

ビールがとても大好きなので今まで個人的に勉強をしてきましたが、ビールのことをもっと知りたい、そして学びたい、さらに今以上に美味しく飲みたいと思ったのがきっかけです。また、ビールに対する自分の知識がどの程度まであるのかを確認する腕試しの意味もありました。

夏目青樹さま

だれでも、愛する人のことをもっと知りたいと思うものです。
それと同じようにビールを愛している私は、
もっともっとビールの事を知りたいと常々思っていました。 
そこにビール検定が始まるとのニュースがあり、飛びつくように受験しました。
こういった事でもないと、勉強しませんからね。
ビールは子供のころから興味津々でした。
オヤジが飲んだ後のビール瓶の匂いを嗅ぐのが大好きだった、変わった子供でした。
幼少のころにホップの香りを刷り込まれた私は、以後の人生ビールと共に歩んできました。
そしてそこに“びあけん”があったのです。

© General Incorporated Association of Japan Beer Culture Study