TOP > びあけんマスターズ > 新年会レポート

びあけんマスターズ 新年会レポート

びあけんマスターズ新年会レポート

1級合格者 集合!初対面で[新年会]開催

 

見事、びあけんの頂点に立った1級合格者は2014年で15名。
「1級合格者って、どんなにビール好きなのだろう・・・」と誰もが想像されるでしょうが、合格されたご本人も興味深々だったそうです。
ということで、合格された快挙を讃えるとともに、頂点にたった皆様のネットワークづくりに貢献することを目的に、2014年1月25日、東京銀座で「新年会」を開催しました!このホームページをご覧くださっている皆様に、「新年会」ダイジェストをご報告いたします。

 

出席者してくださった方は、12名。
合格者が15名ですから、出席率の高さに期待がふくらみます。

 

当日は、みなさん初対面でしたが、緊張気味だったのは最初の数分。事務局側の挨拶が始まり、乾杯と会が進行するにつれ、話が盛り上がっていきます。お一人ずつの自己紹介が始まったころには、驚きの連続でした。

 

びあけんマスターズ 新年会レポート

 

・ビアグラスを収集しており、200個持ってます。
・奥さんがソムリエ合格したので自分はビールのトップを狙いました。
・夢は「札幌を日本のビールの首都にすること」と語るビアバーのオーナー。
・週末にお酒の塾をひらいてます(普段は会社員)。
・ビールの記事を書き始めました(普段は会社員)。
・びあけん3級100点満点をとったことがあります。
・Webは使いません、勉強はすべて本・新聞からです。

 

自己紹介も一筋縄ではいきません。ビールの知識と経験と情熱が伝わってきます。

 

びあけんマスターズ 新年会レポート

 

自己紹介が終ってからは、お店にある様々なビールの種類を堪能しながら、ビール談義が続きます。
「いつもの宴会とは違いますね。『このビールは上面発酵』。『ホップの種類はハラタウなんですよね?』などと、会った瞬間から話せるんですから、おもいっきりホーム感です」
「私、25歳なんです」という最年少発言もありました。その若さで、ビールを知り尽くす好奇心が素晴らしい!と一同絶賛。
明日、マラソン大会を控えているという人生の達人もいらっしゃり、続々でてくる趣味の広さと体力に感心しきりでした。

 

びあけんマスターズ 新年会レポート

 

北は北海道、南は鳥取までお集まりいただいた全12名の顔と名前が一致したころに閉会の時間がやってくるのが、何とも名残惜しい。
名刺交換やメール交換をして、「また美味しいビールを飲みましょう!」と解散となりました。
第3回日本ビール検定(2014年9月21日検定日)で誕生する1級合格者のみなさんもお迎えし、2015年「新年会」も開催予定で計画中です。

 

[1級 基本情報]
2013年「第2回日本ビール検定」で初めて実施され、びあけん最高峰に位置します。受検資格は2級合格者が対象となります。出題レベルは「ビールに関する広範囲な知識をもち、自らビール文化を発信できる愛好者の頂点を目指す方を対象とした上級レベル」となります。

  • © General Incorporated Association of Japan Beer Culture Study