知って広がる ビールの世界 日本ビール検定

第8回日本ビール検定 申込み受付

CONTENTS Practice Problems

模擬問題

3級・2級

設問1

世界で最初に缶ビールが発売された国を、次の選択肢より選べ。

(1)ドイツ
(2)アメリカ
(3)オランダ
(4)イギリス

回答を見る

正解:(2)アメリカ
解説:
世界最初の缶ビールはアメリカで、1935年(昭和10年)に誕生した。形状は肩の部分が円錐形をしたコーントップ型と呼ばれるもので、王冠が使用されていた。
設問2

日本の酒税法上、「ビール」の原料として使用できないものを選べ。

(1)とうもろこし
(2)さつまいも
(3)麦
(4)米

回答を見る

正解:(2)さつまいも
解説:
日本では酒税法という法律により「酒類」が定義され、その原料や製法が細かく定められている。酒税法上、さつまいもはビールの原料としての使用が認められていないので、例えば麦芽とさつまいもを原料としてビール風の酒類を製造した場合は「発泡酒」等、別の種類に分類される。
設問3

体重60~70kgの人がビール大びん1本に含まれるアルコールを分解するのにかかる時間として、一般的にいわれているものはどれか。

(1)約30分
(2)約1時間
(3)約3時間
(4)約6時間

回答を見る

正解:(3)約3時間
解説:
肝臓がアルコールを分解する能力には個人差があるが、一般的には約3時間かかると言われている。おいしいビールを楽しく飲んで健康に過ごすには、自分のペースを守り、適正飲酒を実践することが重要。
設問4

「IPA」と称される種類の上面発酵ビールがあるが、これは何の略か、次の選択肢より選べ。

(1)アイルランドペールエール
(2)インディアピュアエール
(3)アイルランドピュアエール
(4)インディアペールエール

回答を見る

正解:(4)インディアペールエール
解説:
India Pale Aleは、ホップの強い苦みと高いアルコール度数(5%~7.5%)が特徴のビール。大航海時代にイギリスからインドでビールを輸送する際、ビールが腐らないようにと防腐効果のあるホップを大量に使用したのが始まりである。
設問5

ビールには紀元前の時代から数千年に及ぶ歴史がある。ビールづくりに関する世界最古の記録を次の選択肢より選べ。

(1)エジプトのピラミッドの壁画
(2)シュメール人が残したモニュマン・ブルー
(3)タキトゥスの記したゲルマニア
(4)旧約聖書

回答を見る

正解:(2)シュメール人が残したモニュマン・ブルー
解説:
モニュマン・ブルー(醸造の記念碑)は紀元前3000年頃に、メソポタミアのシュメール人が残したビールづくりに関する最古の記録です。当時、ビールは「バッピル」と呼ばれる麦芽のパンからつくられ、「シカル」と呼ばれていました。
設問6

上面発酵酵母でビールを製造する場合の発酵温度として、最も一般的なものを次の選択肢より選べ。

(1)‐5℃~0℃
(2)0℃~10℃
(3)15℃~25℃
(4)40℃~50℃

回答を見る

正解:(3)15℃~25℃
解説:
一般的な上面発酵の発酵温度は15~25℃で発酵期間は3~5日です。一般的な下面発酵の発酵温度は10℃前後で、発酵期間は7~10日ほどです。
設問7

ビールの仕込工程において、仕込釜と仕込槽を併用し、マイシェの温度を高める方法を次の選択肢より選べ。

(1)ハーバー・ボッシュ法
(2)デコクション法
(3)インフュージョン法
(4)アクティブ法

回答を見る

正解:(2)デコクション法
解説:
マイシェの一部を仕込釜で煮沸し、それを仕込槽に戻して全体のマイシェの温度を上げていく方法をデコクション法といいます。デコクション法には、3回煮沸法、2回煮沸法、1回煮沸法や高温短時間仕込法などがあります。一方、マイシェの温度を仕込槽のみで階段状に上げていく方法をインフュージョン法といいます。
設問8

「ペールエール」の説明として誤っているものを、次の選択肢より選べ。

(1)イギリスのバートン・オン・トレントという街で誕生した
(2)ビール麦芽への課税を機に、麦芽を減らしホップを増やしてつくった
(3)18世紀のロンドンのビールは濃色か、または濁っており、澄んだブロンズ色のペールエールは斬新なものだった
(4)代表的な下面発酵ビールであり、爽快な味わいが特徴

回答を見る

正解:(4)代表的な下面発酵ビールであり、爽快な味わいが特徴
解説:
ペールエールはイギリスで伝統的につくられている中等色のビールで、上面発酵のビールです。上面発酵のビールは「エール」といい、豊かな味わいとフルーティーな香りが特徴です。反対に下面発酵のビールは、エールに比べ長期間の熟成を必要とするため、ドイツ語で貯蔵という意味の「ラガー」と呼ばれています。
設問9

びん内での2次発酵を特徴としているベルギービールで、「悪魔」という意味のブランドを次の選択肢より選べ。

(1)シメイ
(2)デュベル
(3)オルヴァル
(4)デウス

回答を見る

正解:(2)デュベル
解説:
デュベル・モルトガットは1871年設立の醸造所。誕生当初の「デュベル」は英国風エールであり黒っぽい色をしていましたが、1970年に手を加え、現在の黄金色のエールとして発売しました。長期熟成と瓶内2次発酵、強い炭酸を特徴としていて、通常、チューリップ型の専用グラスで提供されます。「デュベル」は、代表的なベルギービールの1つといえるでしょう。
設問10

1930年頃に使用されていた以下のポスターは、どこのビールメーカーのものか次の選択肢より選べ。

(1)大日本麦酒
(2)東京麦酒
(3)朝日麦酒
(4)札幌麦酒

回答を見る

正解:(1)大日本麦酒
解説:
1906年(明治39年)年、日本麦酒・札幌麦酒・大阪麦酒の3社が統合し、大日本麦酒が誕生。ヱビスビール、アサヒビール、サッポロビールの3つのブランドを継続販売しました。

1級

設問1

イギリスで第1号の登録商標となったビールブランド名を答えよ。

回答を見る

正解:Bass(バス)
解説:
「バス ペールエール」と言えば、ラベルになっているレッド・トライアングル。
このレッド・トライアングルがイギリスの商標第1号です。
「バス ペールエール」は英国王室御用達でイギリスを代表するブランド。タイタニック号に積まれていたとも言われており、明治時代の日本にも輸入されていたブランドです。
設問2

ビールの主原料の一つであるホップにまつわる史実として、正しいものを次の選択肢より選べ。

(1)イギリスではホップを原料として使用したものをエール、ホップを使用しないものをビールと呼んで区別する時代があった。
(2)1872(明治5)年、岩手県でトーマス・アンチセルにより野生のホップが発見された。
(3)14~15世紀のハンブルグでは、ハンザ同盟による交易拡大に伴ってホップを使用した高品質なビールの醸造が浸透し、グルートを使用したビールは衰退していった。
(4)8世紀にはヨーロッパでホップが栽培されており、ビールのためにホップが使用された記録は、ビール純粋令発布直前の15世紀末に初めて現れる。

回答を見る

正解:(3)
解説:
ハンザ同盟は、中世後期に北ドイツを中心にバルト海沿岸から内陸の諸都市まで結んだ経済的な都市同盟。ビールの輸出には大量生産、長距離輸送に耐えうる品質が必要だったことから、ホップを使ったビールが浸透していく事となった。
設問3

現在の日本の酒税法では、発泡酒の製造免許を取得するために必要な年間最低製造数量を何klと定めているか答えよ。

回答を見る

正解:6kl
解説:
ビール製造免許の取得に必要な年間最低製造数量は60klであるが、発泡酒の製造免許の取得に必要な年間最低製造数量は6klと1/10となっている。このため、店内に醸造設備を置くブルーパブでは、発泡酒の製造免許を得て開業している店もみられます。
設問4

明治時代、日本麦酒の社長を務め、日本初のビヤホールを銀座にオープンさせるなど経営手腕を発揮した人物で、後年「東洋のビール王」とも呼ばれた人物名を答えよ。

回答を見る

正解:馬越恭平
解説:
1906年(明治39年)、馬越は、日本麦酒・札幌麦酒・大阪麦酒の3社を合併し圧倒的な市場占有率を誇る大日本麦酒株式会社を設立しました。また積極的な海外進出を図るなどし「東洋のビール王」と呼ばれるようになりました。
設問5

1994年(平成6年)の規制緩和による地ビール解禁で最初に出来た2社のビールメーカー名をそれぞれ答えよ。

回答を見る

正解:オホーツクビール / エチゴビール
解説:
「地ビール解禁」により、ビールの製造免許に必要な年間最低製造量は2,000klから60klに引き下げられました。これを受け最初に認可されたのが北海道のオホーツクビールと新潟のエチゴビールの2社になります。
  1. Facebook
  2. 検定申し込み

PAGE TOP